インターナショナルバザー2016の開催

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
 11月26日及び27日の2日間、ルクスエキスポにおいて「インターナショナル・バザー2016」が開催されました。本バザーはルクセンブルク大公妃殿下の後援を受け、年に1回開催される同国公認のチャリティーバザーで、今年で56回目という歴史を持つ、当地における最も大きなイベントの一つです。  
 61カ国が参加したスタンドでは、各国のスタッフがその国の工芸品・食品等を販売しました。在留邦人有志の方々で運営される「日本スタンド」では、和食器、着物、日本食品(巻き寿司、焼き鳥、日本酒等)等を販売して好評を博したほか、トンボラ(福引)を実施しました。
 初日にはステファニー皇太子妃殿下も日本スタンドを訪問され、鈴木大使夫妻と懇談しました。日本スタンドの模様は、RTLやル・コティディアン紙など当国のメディアにも大きく取り上げられました。