ルクセンブルクにおける日本入国時に有効な新型コロナウイルス検査証明書の入手方法

2021/8/10
 当地の検査機関等で発行される検査証明書は、これまで採取方法の相違、記載項目の欠如、一部英語表記でない等の理由により、厚生労働省の定める検査証明書の要件を単体では満たしておりませんでしたが、関係機関との協議の上、下記の方法で日本入国時に有効な新型コロナウイルス検査証明を入手することが可能となりました。

1 厚生労働省が定める所定のフォーマット
 当地検査機関BionextLABのLeudelange検査所(2-4, rue du Château d'Eau L-3364 Leudelange)に、厚生労働省フォーマット(下記ページ参照)及び旅券を持参いただき、新型コロナウイルス検査を受検の上、常駐する医師の署名とともに同フォーマットで検査結果を受領する。

2 他のフォーマット
 当地検査機関BionextLABのいずれかの検査所に、旅券を持参いただき、新型コロナウイルス検査を受検の上、同検査所のフォーマット(英語版)を受領する。

3 参考ページ
(1)BionextLAB
  https://www.pickendoheem.lu/en/
(2)厚生労働省(検査証明書の提示について)
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

4 留意事項
(1)検査方法、検体採取方法は、上記厚生労働省ページ記載の条件を熟読の上、有効な方法を検査機関へ指定願います。
(2)上記1、2いずれの方法でも単体で有効な検査証明書として認められますが、検疫におけるトラブルを避けるため、厚生労働省所定のフォーマット(上記1)で入手することをお勧めします。
(3)BionextLABが提供するQuick-PCRは、核酸増幅検査TMA法であり、厚生労働省が有効と認める検査方法の一つであることが同ラボから確認できておりますので、Quick-PCRを利用して有効な検査証明書を入手することが可能です。

 在留邦人の皆さま及びご旅行中の皆さまにおかれましては、今後も政府発表や報道、下記サイト等を通じて最新情報の収集に努めてください。

■ルクセンブルク保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
http://sante.public.lu/fr/prevention/coronavirus-00/index.html

■在ルクセンブルク日本国大使館新型コロナウイルス関連情報サイト
https://www.lu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html