トップページ政治経済>経済分野 ルクセンブルクの投資環境

 

 

ルクセンブルクの投資環境

 ルクセンブルクは、ベルギー、フランス、ドイツに囲まれ、ヨーロッパの中心部に位置しており、地理的に 大変恵まれています。また、人口の4割以上を外国人(主に欧州諸国から)が占めています。このような背景から、多くのルクセンブルク人はルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語及び英語を話します

 歴史を有する鉄鋼業、鉄鋼業から派生した製造業、そして、特に1970年代後半から80年代にかけての鉄鋼業不況以降では、EU域内でも低い源泉課税率、銀行秘匿権 などの理由から急速に発展した金融業がルクセンブルクの主たる産業となっています。国土面積こそ神奈川県程度ですが、安定した政治、法体系、低い法人 税負担、更には質の高い労働力などが、世界各国からの進出企業にとっての魅力となっており、現在、約15社の日本企業が進出しています。

 現在、ルクセンブルク政府は、産業多角化を目指し、ICT、ロジスティックス、バイオ産業、再生可能なエネルギーの開発、競争力強化のための研究開発及び中小企業支援に力を入れています。

 

ルクセンブルクの投資環境につきまして、興味を持たれた方のために、関係団体が作成した資料を紹介いたします。

Why Luxembourg」     (アメリカ商工会議所(AMCHAM)

Working in Luxembourg」 (アメリカ商工会議所(AMCHAM)著)

 

ルクセンブルクへの投資について参考となるリンク

在京ルクセンブルク大使館

経済省

ルクセンブルク・フォー・ビジネス

企業関係ポータルサイト(ルクセンブルク政府のサイト)

ルクセンブルク商工会議所

アメリカ商工会議所AMCHAM in Luxembourg

 

 

Copyright (C): Ambassade du Japon au Luxembourg | Legal Matters | About Accessibility | Privacy Policy