「百日紅~MISS HOKUSAI~」上映会の実施

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

 11月30日、当館主催の文化事業として、アニメ映画「百日紅~Miss Hokusai~」(原恵一監督)上映会を実施しました。
 予約開始後直ちに用意した170席が一杯となったため、急きょ、250席を擁する大きなスクリーンへ会場を移しましたが、それでも予約時点で満席となる盛況ぶりでした 。
 鈴木大使は上映に先立つ挨拶において、本作品が2日前にアニメ界のアカデミー賞と呼ばれる「アニー賞」にノミネートされたことや1週間前に東京に「すみだ北斎博物館」がオープンしたことなどを紹介しました。
 江戸時代の庶民の暮らしや江戸の情景を美しいアニメーションとともに現代に甦らせた本作品の上映を通じて、日本人や浮世絵等の日本文化に対する関心を高めることができました。